話題になった水原希子のシェアした写真家の画像、誤解は解けたけどやっぱ浅はかだったと思う件

f:id:hish_1ne:20141217122742j:plain


最初に書いておくと、水原希子自身の評価も変わってないから。
彼女自身に対する感情の変化はない。すっげぇ綺麗!


まず話題を取り上げた記事からして煽ってたよねー。
シェアしたのはこの投稿のfb版postで、


これで反応してシェアした。
で、中身のlivedoorNewsも見たんだけど3行で要約できないのは無理して3行にしなくていいと思うんだけど。変な誤解生むしw


そしてメディアは頼むからさ炎上案件のトピックを扱うときはメディアは早々に誤解を解いてから、事の馴れ初めを書くれよ。じゃないと時間の無駄だわ。読者側の。本当に読者のこと考えてくれ、その方がビュー数は稼げないかもしれないけど支持してくれるユーザー増えるでしょ。


この間の麻生元総理の「子供産まないほうが悪い」発言の時もそうだよ。いい加減にしろ。


ってことで、結局あれは彼女と個人的になつながりもあった、写真家の人の展覧会の中で展示されていた作品の1つであったことが後のツイートなりで判明して、結局彼女の局部でもないし、ほんとに「アート」だったことがわかりました。


でも、投稿は浅はかだったとやっぱ思うよ(2度目)

これ確かに誤解解けたけし、元々アーティスティックな世界や感覚が好きで、モデルもやっているしそういった理解も彼女の中にはあったとは思うけどさ。ほんとに今どんな人たちが自分を見てるのかを理解した上で投稿のしかた・するものを気をつけないといけなかったんだと思うよ。


だって彼女、もうお茶の間に広まるくらい有名でしょ?
彼女のフォロワーの中には、モデルや女優を目指してる10代の若い子だっているだろうし、もっと下の年齢の子もいるとおもうよ。


そういった子達に(たぶん前からのフォロワーは文脈わかってるからショックは少ないかもしれないけど)見せるものとしてはアートと言えど適切なのかなっていうのは疑問。


そしてあの人との関係性・作品の好みを踏まえても、あの作品をピックアップした意味はなんなのかっていうのはそりゃ問われるだろうな。って。


あの写真家が好きで、本当に彼の良さをわかって欲しくての投稿なら、刺激的な作品使わずともできたのにな。って。ああいった作品ばかりじゃないでしょ?むしろあの作品はレアなケースでしょ?
まぁ、そこのチョイスは個人個人の選択だからどれが正しいなんてないけど。
でも個人個人の選択だからこそ、そこちゃんと説明しなきゃわからんよ。画像が画像だし。


(追記:彼女の作風は日常をありのままに切り取り出すところに魅力があるみたいで、そしてその思い出の多くはボーイフレンドなどの人間関係を写しているものっぽい。)



アーティストだって、平社員だって、ニートだって、最終的には自分の選択や表現に対する説明責任あるでしょ

こういうきわどい作品を作る人や、面白がる人たち「ぶっとんでるじゃん。」とか「おもしろいよね。」とかの感想が多い。でも、ちゃんと自分の中での文脈を経て感想述べてくれた人っていないわ。


クリエイティブな仕事に携わっている知人・友人いるけど、今まで一回もないよエロスな作品に対してちゃんと感想書いてたりしてる人。


でも、本当は「エロス」的な魅力以外の見所もあるだろうし、fbでは「女性の神秘的な深さの表現」って解釈を教えてくれた友達もいたけど、それがあって始めて「そういう見方もあるのか。」と理解する人も多いと思う。


彼女はあの局部の作品をインスタグラムにあげたけど、ネットってもうみんな知ってる通り公共の場の一つみたいなものになっているし、そこにあの写真とハッシュタグ一枚(その前後の写真があったにしても)あれだけあえて1枚で投稿してるんだからね。彼女的にもインパクトをうけて投稿したんでしょう。そこ語らなきゃみんな「?!」ってなるのは当たり前。


んじゃ、馬鹿でも馬馬ってなる表現をすれば良いのかっていうとやっぱり違うし、わかりにくいけども、そこを組み取れれば一層深みを増すっていうのもアートや自己表現の面白いところだと思う。


けど、実際にはアートにはギャラリーやキュレーターがいて、彼らのおかげで文脈をわかる人が大半でしょう。展示会でアーティスト自身がクライアントに話ししながら案内したりもあるし。


ファッションはファッションで業界がちゃんとあって、デザイナー、プレスがいて、展示会を開いて世界観を説明して、それがインフルエンさーや、ファッションブロガーやスタイリストに伝わってきて、そこから大衆向けに噛み砕かれてファッション誌に落としこまれる。っていうプロセスがあるよね。


俺がやってるアートディレクションやデザインの仕事も、すごい変わったレイアウトや配色のものを作ることもあるけど、それはちゃんと意味があって、それが受託しているプロジェクトのテーマとあっていて、クライアントと擦り合わせが出来ていて、つまり理解者がいて、さらに内容をわかりやすくする文字や写真があって成り立っていてさ。それがなきゃ一般は理解できない。


俺だって誰か知らない人がわけわからないデザインあげてきて、色々破綻してて「これが僕のデザインです。」って言ったら、そりゃぱんぴーが言ってるなら無視できるけど、ある程度の著名人が言ってたらスルーできないで「何言ってんだコレ。」って思っちゃうわ。


適切な場所とプロセスってやっぱりアートには不可欠で、それがないと理解なんて出来るものではないと思っている。(自分なりの解釈はもちろん可能だけどほとんどの人がその能力は持ち合わせていないと思う。そういうアートの文脈を読み解く教育なんて日本で受けてない人がほとんどだし。)


商業的なものと混合するなよ!って思うかもだけど、村上隆だってそこを綺麗にビジネスありき割り切っているよね。昔から権力者や富裕層、貴族の嗜みとしてアーティストという職業が成り立っていて、今もそんなに変わらないわけだし。ヒロポンの作品もクライアントに理解してもらえるために日本のサブカル・オタクカルチャーを含めた文脈をこれでもかってぐらいに考えて突き詰めて作ってるらしいよ。そこから噛み砕かれて落ちてきてるヒロポンだけど、クリエイティブな業界に関わってる人たちでもあの作品がなに意図しているか分かってる人は少ないと思う。ほとんどの人が「あれすごいよね、、ぶっとんでるよねー!」って言うだけ。クリエイティブ業界の中の人だって大多数そうだよ!?


たぶんサブカル・オタクカルチャーを踏まえた文脈がわからない人が多いからそうなんだと思うけど(俺もわかんない)、ファッションも然りで、やっぱりわかる人がちゃんと説明しないと伝わらないと思う。

だから水原希子が1つだけどアップにして#タグ一つで公開したのは、理解されなくもしようがないし、そういう意味で浅はかだったなと思う。そんな理解されやすい作品じゃないから。


良い例を教えてあげよう。僕が素晴らしいアートだと思っている作品の話を聞いてくれ

コレ↓
f:id:hish_1ne:20141217122742j:plain



これは、ももいろクローバーZの「れに、かなこ、しおり」の名前を河川敷にあったコンクリ壁にグラフィティアーティストが描いたんだよね、たぶんももクロ熱にやられた人だったんだと。(でも他のグラフィティの上にボムる勇気は無かったみたいで、あやかとももかは描かれてない。)


で、当時はももクロのファンの中で話題になってももクロや人様に迷惑かけてんじゃねー!」つって、ももクロファンが描いたものが、ももクロファンによって消されるという自浄行為がなされるという展開があってw


俺はグラフィティだってもう立派なアートだと思うし、そりゃ人様に少し迷惑掛けようがそこで意味や文脈の筋が通っていれば認められるものだと思うし、そうしていくべきだと思ってる。


banksyとかの作品はそうなってるよね、消されたりもするけど重宝されたりもしている。


それって文脈・意味がすごい分かりやすいからだと思う。誰が見ても、明確ではないよ?確かにPEACEとか書いたり文字も使うからハードルは下がっているけど、ハードル下げた上でも「深さを」感じられる作品になってるよね。だから受け入れられてる。


ももクロちゃんのグラフィティの話に戻るけど、俺はあれももクロすごい好きだしさ、ももクロのストーリーもしっているし、ももクロとヒップホップの相性が良いのも理解できるからグラフィティアーティストがあれ描きたくなったのもすごいわかるんだよね。(描いていい壁確保できたら真っ先にあの描いたアーティストに連絡して全部bombし直してほしいよ。もしこれ見てたら連絡ください。)

ヒップホップでもよくある、自己紹介的・レペゼン要素を曲やネタとして色々取り入れてきたももクロのグラフィティが日本の街にあるって必然だと思うわ。


だけど、これって受け入れられないんだよ。


あれが描かれた時期ってのも関係してるけど、一般の人にはあの当時はそこまで知られていなかったし、知られていたとしても公共の場で「ももクロ」と「ヒップホップ」の文脈を理解できてる人なんていないから。しかもそれで公共の場で人目にすごいつくところでその説明なしに「投稿」しちゃったんだから。


だから「あれはしょうがないな。」って思うよ。消されて、惜しいけど納得ですよ。

色々言われたことに対して「あれはアートなんだよ。」とは言いませんw アートという前提より公共とう前提が強いから。


で、この例えだけど、
ぶっちゃけ俺の言い分なんてどうでもいいでしょ?


「いいよ、ももクロ熱うぜえよ。」
って思うでしょ!?w



それと同じなんだと思う。
アートだからって理解求めるのは無理なとこあるよ。



水原希子ちゃんがこの歯がゆい現状を打破する唯一の方法

もちろんこれしかねーよ、ってわけでは勿論ないけど文章書くの面倒くさくなってきたので言い切る。


この、投稿したいことも投稿できない世の中なん(ry
を打破するためには!


今後も続々ときわどい写真アップしまくればいい!ハッシュタグだけで!


そうしたらいつの日か分かってくれるよ!あ、こういうスタイルなんだと!で、たまに自撮りの画像も投稿すればいい!


そしてさらに!
彼女をフォローしている人たちも真似しちゃおう!


このあいだの家入一真氏無限コピー事件みたいにさ!どんどん自分たちもやっちゃおう。


家入一真氏の何気ない一言が原因で家入一真が大量増殖してTwitterはお祭り騒ぎに… - NAVER まとめ


アートとしてまず捉えて意味を考えて見る!
ってことが定着すれば双方万歳だね!


他の人もどんどんやっちゃえ!

俺もその度にももクロちゃんのグラフィティの話ができるし!


ひゃっほーーい。

あとがき

自分自身はエロスな要素を使ったアート作品っていうのは好きじゃないんだけど、結局色々他の人の意見聞いてて思ったのは「受け取り方は自分自身の文脈によりけり」だなって思った。要は自分の価値観がそのまま跳ね返ってくるってこと。要は俺がやらしいと思ってるからやらしいのよね。


ほんと俺やらしいなー。


性的関係に貞操観念があるし、どちらかというと二人の関係の中において重宝され大切にされるべきものだと思うから、俺はハーマイオニー派なんです。(あの、隠されているところにこそ最大のセクシーさがとかいうやつ?


あと、2chの奴らの文才と的を得た発言には毎回脱帽。
f:id:hish_1ne:20141217130254p:plain


そんじゃーね

作業/勉強に集中したい奴は、何よりもこれをやれ!

おばんです。
昨今は暖冬と言えども寒い季節になってきましたね。

ますますコタツにミカン、
PS4にバトルフィールド4、
wiiUスマブラ
パソコンにネトゲに勤しむ方々が増えていると思われます。



いやいやいや!


この少し仕事の量もペースダウンしてきた年末こそ!


プライベートな創作、オープンソースプロジェクトへのコミット、
来年の学務の為の勉強に情熱を注ぐべきなのです!

しかも寒くて外に出たく無いんだから尚更!!!!


躊躇してる場合じゃないー!




だが、目の前に立ちはだかる誘惑(漫画/ゲーム/ネット)の数々。
これにどう打ち勝つべきなのか...。



そんなあなたに朗報dEaTh!!!







これです







Broadcast live streaming video on Ustream



お分かり頂けただろうか...。この奇妙な静けさ。。



これは都内で行われた、
チップチューンMMLを用いて制作するハッカソンの様子...。



そうです!!!!


「ハッカソンを流して、それを見ながら作業の術!」



なんで効果があるのか。


それはつまり「相対性図書館密室理論」なのだっ!!!



静かにしている空間を擬似的にも共有することで、
日本人が得意とする事なかれ、長いものには撒かれ、
赤信号はみんなで渡れ(やめてね)主義を逆手に取り、

いざ、自分も黙々と作業せねばいけないような空気を作り出すのです。


これで、是非みなさんも黙々と作業/勉強にいそしめるね!!


みなさんのオススメ作業用Ustあったらおしえてくださいね!







以上、自宅警備現場からは以上です。



ーーー

ついったーやってます。

INTERSTELLARはSIGNSに対するアンサー映画です。

f:id:hish_1ne:20141205014112j:plain

インターステリングしてきました。
地元に帰ってきてすぐ。


できれば都内のiMAXとかいう最高に贅沢な環境で観たかったー!
とは言いつつも観に行ったときはそんな事気にもせず、
ただ周りから聞く評判の良さにワクワクしながら
「とにかく今すぐみる!」という気持ちでいっぱいでした。


もう、色んな所で言われている通り、これは今の科学がどこまで
宇宙やこの世の次元の仕組みを理解できているのか、
そして表現できるのかを専門的な方々を多数招き作り込んでいった作品で
その辺りの教養、理解や興味が有るか無いかで感想が180度ちがうものになるぜ!
楽しむならそれなりの教養または事前知識身につけておいた方が身の為だ!
っていう映画なんですが、

僕はそこらへんの教養がある人間ではないので、
感想は大きくあっち側に偏っています。
でも、自分が観てきた映画の中で似たようなテーマの映画があって、
「こういう解釈の流れにシフトしているのか...。」と思ったので、
自分の頭を整理するのも兼ねて感想書きます。


近年のSci-fi映画で提供できる体験への、別角度からの挑戦

まず、iMAXのような設備を通して一層深みを増した映画鑑賞体験で今年の始めに世界中を圧倒させたゼログラビティのようにSci-fiの表現の幅もそうとう広がりました。

ゼログラビティは宇多丸氏のラジオ番組ウィークエンドシャッフルのムービーウォッチメンでも言われていたように、最低でも映画館そしてiMAXで観ないと映画を見た感想に天と地ほどの差が出るような内容だったのですが、それもそのはずあの宇宙浮遊を疑似体験している感覚は、家のテレビでは絶対に味わえません。


宇多丸が映画『ゼロ・グラビティ』を語る - YouTube


あんなのが出た後にどうやってSci-fiのジャンルで新たな感動を生み出せるのか!みたいな事考えるともうファンタジー(スターウォーズか、リアリティを追求していく方向しかないんじゃね。

で、そうなった時にノーラン監督は理詰めというか科学的な知見をふんだんに取り入れて今提供できる限りで最高水準のつじつまがあう、リアリティのあるSci-fiドラマを作ろうとしたと思うんです。

結果、地球&人類の慣れはて、宇宙空間内での時間のずれ(最初ビデオメッセージのやり取りを観た時、日本人なら新海誠監督のあの作品思い出した人も多いんじゃないかなw)、AIの登場、次元の表現などで、人をグッと引き寄せられるストーリーと宇宙空間の表現ができたんだと思います。


地球上の人類が進歩していける理由...「それは、エゴだよ!!!!!」

正確に言うと、
エゴが入り交じった愛(人)

な分けで、どれっだけ文明が発達して、技術も科学も発達して、論理的/合理的な方法をどれだけ正確かつ瞬時に得る事ができるようになった世の中でも、人類が次のステップに直面していく問題は「未知/不確定」なものであり、通常の常識を覆していく“人類の次の次元”にたどり着くには「愛」という、これまた解釈できず未知であり非合理的な方法でしか無理なんだよ。きっと。

だから、自分たち人類を、そしてこの自分たちの中に与えられた「愛」というものを信じて生きていこうよ。

つまりは「ララァ、私を導いてくれ...。」

っていうメッセージで完結してて。


「そうだそうだー!!!それに気づく時、そして信じれる限り、どんなに便利になりすぎて、機械化された時代になろうとも、人はその人生を、その生活を幸せだと思えるんだー!!!!人間万歳!!!!YOLO!!!」っていう、今の時代をちゃんと捉えた落としどころだと思いました。








で、ハッとした。




この映画は、時代が変わり人々の価値観が変わったことをはっきりと提示してる。

ということです。


インターステリングしはじめて冒頭5分くらいで思ったんですよね。どっかで観た事あるような光景だなー。って。


見渡す限り続くトウモロコシ畑、走るトラクター、一軒の農家の家。
そこにクラス家族の物語。そして起こる不可思議な減少...。


「幽霊かな?」


なんて話をしているんですが、
そこら編のストーリー、実はこれ2002年全世界でもっとも高い収益をあげた映画「サイン」と被るんですよね。


Signs trailer - YouTube


そして地球外生命体と結びつけた展開も、「家族の絆」そして「信じる心」というキーワードも。



で、何が違うか。

サインでは、

今まで起こってきたこと、これから起こる事すべて含め
人生には二通りの考え方がある、

一つはあらゆることには意味はなく、偶然の重なりで出来ているだけだという考え方
もう一つは、偶然等無くすべては意味があり必然だという考え方

と言い、この宇宙上での絶対的な存在を肯定し、
そこに意味がある事を信じて、家族/人を愛していくというメッセージにまとめています。

インターステラーのまとめかたはこうです。

人類はいずれや進歩し、全ての謎をも解き明かし、どんな闇に包まれても必ず希望を見いだして前進していく。そしてその一番の原動力は「人類」を背負った偽りの大義名分ではなく、純粋な人の愛というなのエゴ!!だよ!!!

って言ってるんですよね。


インターステラーでは信じる対象として
神の様な絶対的な存在が皆無。

ま、結果的に愛に落ち着いてて僕は観ていてすごいハッピーだったんですけど、終わってから消化しているうちに、
「あ、時代は変わったんだな。」って思いました。



時代によって、価値は変わり、人の信仰対象も変わり、そして常識や正義も変わる。



最近の若者(自分もそうだけど)の楽しみ方って本当自由奔放です。


昔より身分も気にせず世界を渡り歩けるようになり、
様々な国の人達が世界中旅回りながら(しかも実際に世界を回らずともインターネットのおかげでそれが月数千円で疑似体験できる時代になった。)多様な価値観に触れ#YOLOを合い言葉に生きています。


その中で多様性を受け入れる事も学び、自分のエゴ(自由)を追求し生きる選択肢も、
他を認め/受けいれ/共存する(愛しあう心)を学ぶ機会が多くなった時代では
「神」という存在を認めたり、信じなくても、ある程度死を知っても尚希望を持って生きているだろう!という答えを出しつつあるんですね。


だから、インターステラーの物語の登場人物が見いだす答えは=自分たち自身。


とっても今らしい。





時代は変わり、宗教(といっても信仰対象が無くなる訳じゃなくて、入れ替わりみたいな感じだけど)も無くなり、新たな価値観を持つ事が普通とされてくる時代に突入したんだな。と思いました。




多様性が多くなり、選択肢が最大限に広まっていくであろうこれからの時代。


人はなにを信じて、何を愛して、何と争って生きていくのでしょうか。




“次のインターステラー”を観るのが楽しみです。






ーーー

時代が変わったら色々変わっちゃうんだぜ!
ゲイだってレズだって今後どんどん認められてくし、クローンと友達になる日だってくるかもだぜ!
っというのがピンとこないとか、気になる人は

岡田斗司夫さん著書の「評価経済社会 ぼくらは世界の変わり目に立ち会っている」を読んでみる事をオススメします。時代に流れで、人々の生活、地位、常識がどう変わっていったかが分かりやすく描いてあり、そしてコレからの時代は何が価値として重んじられるのかという予測が書かれています。

評価経済社会 ぼくらは世界の変わり目に立ち会っている

DJ SOULJAH - "BE MY GUEST "聴かない奴はもぐりだよ。


DJ SOULJAH - "BE MY GUEST" (Teaser) - YouTube


色んな場所で早速話題になってますが、
ウェブサイトの運営を手伝わせて頂いている、
DJ SOULJAH氏のアルバム「BE MY GUEST」がついに今日発売です!

MUSUBUの宮本さんに繋げて頂いてから、
かげながらではありますがずっとウェブサイト等手伝いながら
活動を見てきて思うのはその行動力の半端なさ...!!

リリースしてきた楽曲も全て今までに見たこと無い組み合わせ。
彼がシーンを見てきてやりたかったビジョンを持ち前の行動力でうまく紬ぎ合わせていった結果なんだろうな。と。

感想を言うと、今の日本のヒップホップのシーンを“盛り上げる”ためのICE BREAKER、PARTY STARTER。要は彼も自分自身で言ってるVERY IMPORTANT BANGERな一枚だな。と。

シーンに対してのとんでもない起爆剤だと思います。
こういう風に今まで見なかった繫がりがみえると、
他の人達も動きやすくなって、さらに色々な面白い動きが生まれ良い連鎖反応で各細胞が化学反応すること間違い無しw

DJ SOULJAH - BE MY GUEST (Track List)

01. Interlude
02. aaight F. KOHH, Maria (SIMI LAB)
03. Liquor & Reefer F. 遊戯 (韻踏合組合) Jaggla & Cz Tiger (TORNADO)
04. CLUBに来た~When i'm in da Club~ F. ERA, 鎮座DOPENESS, 環ROY, T.O.P (THUGMINATI)
05. Follow Me F. SALU, Jinmenusagi, Aliya Miharu
06. The 6th Sense F. MYZK Monstaz
07. Holdin On F. J-REXXX, Tarantula (SPONTANIA), Yoshiro (underslowjams)
08. Transformer 2.0 F. Def Tech, Simon, SAMI-T from MIGHTY CROWN
09. illxxx F. Chill Cat, BULL, ROCK STAR, Gloria
10. 冷たい熱帯Core F. リトルトーキョー (OHLI-DAY / JON-E / Akeem the Dream)
11. The Black One F. 2WIN (T-PABLOW & YZERR), WISE (TERIYAKI BOYZ),
S-WORD (NITRO MICROPHONE UNDERGROUND)
12. Believe That F. AKLO, ILMARI (RIP SLYME), Yui Mugino

Bonus Cuts (ITunes 特典)
13. Believe That Remix F. SWAY (DOBERMAN INFINITY)
14. aaight F. KOHH, Maria (SIMI LAB) (Habanero Posse Remix)
Teaser by DJ 1,2 aka Pelomatic 

オススメはDef Techのあの懐かしいフレーズも聴けるTransformer 2.0の⑧と久しぶりに聴くS-WORDの切れ味抜群なフローとテリヤキx2WINも迎えた異色コラボの⑪The Black Oneです!

もちろん、良い子は見ざる言わざる聞かざるのaaightもやばいですがwwwそこは言わずもがななので割愛します。

兎に角!
こんなアルバム聞いたこと無い!BIG UP TO!DJ SOULJAH!
是非みなさんもチェックしてください!

ALBUM : Be My Guest
https://itunes.apple.com/jp/album/be-my-guest/id939999230

OFFICIAL HP
http://djsouljah.com/

フリーランスのアートディレクターとして生きていく為の必需品(2014年度版)

f:id:hish_1ne:20141111134429p:plain

独立してもうそろそろ一年ですが、とりあえず今年1年フリーランスとしてやってみて
コレは必需品だな。
と思ったものをまとめてみました。

実際に使っているもの中心に
「便利だ。」
と強く感じるものをまとめて紹介します。

1:LaCie USBメモリ iamaKey 16GB LCU-IM16G


僕が使っているのは当時最高だった8GBの方なので、16GBだと十分過ぎるくらいに役立つと思います。

撮影などのあとに、軽くセレクトしたデータをもらってかえりたい!なんてとき、今まではDVDに焼いてもらったり、でも4.7GBには収まらないのであとでファイル便で〜みたいな流れが多かったですが、今はこれを常時持ち歩いているのでまったく問題ないです。

重めの入稿データ3、4個入れても余裕ですし、形状が鍵そのものなので、他の鍵とかと一緒に持ち歩けるのも良い。(ただ鍵の様な固い金属と一緒にしておくとすぐ擦れてダメになる可能性あるので僕は小銭入れの方にいれています。)

今はもっと短くコンパクトになった8GBのやつもあるみたいですね。これもいいですねー。


2:APPLE MacBook Pro Retina Display ME294J/A

当たり前過ぎますけど、これね。で、重要なのは15インチっていうところです。僕はMacbookのみで全ての作業をやっていますが、最低でも15inchは無いとデザインの作業はできません…。狭いと見える部分も違うし、他の資料を見ながら…など“〜ながら作業”ができないので色々不便です。

3:デュアルモニター用に、EIZO FORIS 23.8インチTFTモニタ ( 1920×1080 / IPSパネル / 4.9ms / ノングレア ) FS2434

使うのは業界人なら御用達のEIZO。今の時代、紙媒体よりもウェブの仕事の方がフリーランスに取っては多いです。ウェブだとモニターによって色が違いすぎて管理できないカオスな状態がまだ続いていますが(この問題今後どうなっていくんだろう…。)、少なくとも印刷する制作物のクオリティ管理は、クオリティの良いモニターでやらないとダメです。

へんに黄色みがかかったり、すぐ劣化して色が偏ったりしてしまうモニターはでかくてもクソなので、良いものを使います。

で、僕は15インチのEIZOという少し小さいのを予算の都合上デュアルモニターとして使ってたんですが、調べてみたらもっと大きいサイズでも最近はそこまで高く無い値段で変えちゃうんですね。

24インチがこの値段なら、設備への投資として買い替えようかなと思います。作業これでかなりはかどりそう。

4:ネットプリント


A4以上のサイズ、そしてレーザープリントの質での印刷ができるプリンターを保有していないので、今年はネットプリントにすごいお世話になりました。

スキャンもA判〜B判のプリントもできちゃうし、なによりそういうプリンターを買うより安上がりなのでとても重宝しました。ただし大量に印刷して検証する“デザインの詰め”の段階では出費が嵩みます…。


5:インクジェットプリンター

僕は未だに学生時代に買ったプリンターを使っています。Canonpixus i8600とかそんな奴…。請求書関連や、オリエン資料などの書類系はこっちですべてプリントしてコストを抑えます。

こちらも買い替えてもいいけど、とりあえずは今のがぶっ壊れるまで使いたいです。

今オススメするなら、てか個人的にトライしてみたいのはカラーレーザープリンターですね。
Canon レーザープリンタ A3カラー対応 Satera LBP9100CS


6:ノートブック用のケース

先にモノを紹介すると、今使っているのはPUMAのランナー用のバッグです。

15インチをスリーブにいれて、それをランナー用のバッグにいれるとちょっときつめですけどジャストフィットで入る感じで、ランナー用バッグなので不必要なバッグのかさばりや、電車内後ろの人を気にせず乗っていられる(背中にピタッとくっつく)ので便利です。

ですが、できればhttp://hardgraft.com/でうってるようなショルダーバッグが欲しいなと思っています。

そして、来年は余裕があったら、コーディングや打ち合わせ等の持ち出し用にはMacbookAirをつかおうと思っています。中古で済むのか、それとも...という感じですが。


7:BOSE QuietComfort15 ノイズキャンセリング・ヘッドホン QuietComfort15-S


僕はルームシェアをしているのですが、僕のいるシェアハウスは平日は週に4日くらいは必ず誰かしら友人・知人が訪れます。そして週末もハウスパーティーだったり、チャーチだったり、人が居ることが殆ど。

そんな中でどう忙しいスケジュールの作業をこなくかというのは死活問題です。そのため周りのノイズをシャットアウトしてくれるBOSEのヘッドフォンにはホント感謝してます。

まず大抵の音は聞こえなくしてくれるので、音楽かけずともこのヘッドフォンをかけるだけでとても集中できます。頭だけ精神と時の部屋にはいった気分。

そして、音楽もかけると後ろで誰かが喋っていてもわからないくらいになるので、そうなると誰かが邪魔して話しかけてきても普通に無視できるし、横でハウスパーティーしてても気になりません。

バッテリーの食いが若干はやいかなーと思いますが、それに見合うだけの仕事はしてくれるので◎でしょう。


8:Dropbox


これで今僕が日々使う80%のファイル管理をしています。
無料プランで2GBもしくはプロプラン月1200円で1TBという料金プランで、恩恵をうけるならプロで...。という感じなのですが、僕はかなり初期の方からのユーザーで、その時に色々な容量アップキャンペーンや、友人招待キャンペーンをやっていたのでそれを通じてそうとう容量稼ぎました。

今となっては19GBを無料で使っています。
無料プランの約10倍なので多分今後も有料にはすることなく使っていくと思います。

登録はこちらから↓
Dropbox - どこからでもあなたのファイルにアクセス



9:Droplr


クライアントなのに大容量のファイルを送る時、みなさんはどうやって送っていますか?
firestorageや宅ファイル便、gigafileとかでしょうか?
最近はDropbox経由で送ることも稀ではなくなりましたが、僕は操作性からDroplrを選んで使っています。

ダウンロードするとメニューバーにアイコンが表示さます。そこに共有したいファイルをドラッグ&ドロップするだけでファイルがアップロードできちゃって、しかもアップロードが終わったら共有リンクを勝手にクリップボードにコピーしてくれるので、アップロードしながらメールを書いて最後に⌘+Vでペーストして終わりっていう感じで出来ちゃいます。

毎回あのあざといでかさの広告みなくていいしシンプルなので愛用しています。


10:クリエイティブ制作ツールとクラウドサービス | Adobe Creative Cloud


うん十万という価格だった製品版から、月額5千円という値段で使えるようになったAdobe製品。こちらもデザイナーには必須ツールですが僕もCreative Cloudを使っています。
「5千円って高くね?製品版の方が結果的に安上がりでしょ?」
という声もありますが、僕の場合ずーっとフォトショやイラレを使う訳でもなく、時には半年ぐらいコーディングメインの仕事だったりすることもあるので、そういう場合にはCreative Cloudのように要らない月は契約しない。みたいに使えるのが丁度良いです。

まぁ3ヶ月単位なので調節難しいですけど。

ラーメンガール

f:id:hish_1ne:20141107175246p:plain

感想を一言でいうと、

「ロケ地が前に友人と立ち上げた会社のすぐ近くで胸熱。」

なんです。

でもって、女優さんは
8mileの時にEMINEMのガールフレンド役を演じたBrittney Murphy。
彼女は危ない魅力がある人だなーと思いつつ好きだったので
映画のジャケ観た時に、観てみようかなと思いました。

映画では、大物の日本人の俳優さんがチラホラ!
なんでも、ハリウッドデビューさせたい!という制作側からの熱意で
西田敏行さんがキャスティングされたんだとか。

Typicalな韓国人の俳優さんが日本人として使われる映画じゃなくて
それぞれしっかりとした日本人俳優がキャスティングされていて
そこらへんは観てて変な違和感を感じない作品だと思います。

最初の方にあった変な外人の友達の取り巻きはいったいなんだったんだろう。

たまに流してみると
以外とホンワカする映画だと思います。


R.I.P Brittany murphy

熊と一緒に写真取りたがりのDQNが最近出没しているらしい...

命知らずとはこのことですね。。


お、熊がおるやんけ!自撮りしたろ!←?????

ふーん、って聞き流そうとしてたら


CNN.co.jp : クマと一緒の「自分撮り」は危険、米森林局が警告

カリフォルニア州テイラークリークは注意を呼びかけているようで、
もし言う事聞かないなら、山立ち入り禁止にするよ!って言ってるみたい。

このご時世、インターネットはSolid State Societyなので、
もちろんテイラークリークだけではなく、米ヨセミテやカナダなど各地でも多発している模様。

Knock out gameだったり、地面に寝そべるPrankだったり、
これからネットを介して様々な奇行が世の中を伝染していくのでしょう。。。

あまう