読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モンスターボール100個

インターネットと一緒にあそんで、かんがえる場所

僕が信じている神様は

僕が信じている神様は
聖書の中で、世の終わりが来ると言っています。
これは起こるべきことだと言われているので、
実際にこれからも止まることなく世界の色んな場所で
災害や戦争が起き、多くの人が亡くなると思います。

その中で僕も死ぬのかもしれません。

死は自然の摂理でもありますし、
死は神様が言おうが言いまいが
ご存知のとおり訪れるものです。

だから神様は僕らが、
今までの僕らの罪、過ちを悔い改め、
イエス様が僕らの罪のために
十字架でしんで三日目に蘇った程
僕らの事を愛していたという事を信じるなら、
その死にも打ち勝てる永遠の命を約束してくれました。

今までの罪や過ちって?ってなんだろうと思うと、
今回の原発や戦争、社会での問題を見直して、
"何故?"と紐解こうとするときに、

人の心に、何があってそうなるか、
とても面白い事に気づいたりします。
たぶん”それ”が罪の根源だったりするのかな、、と。

僕は”自分に対する欲”なのかなぁとも思ったりするのですが。


逆に、良いところの”何故?”を
紐解こうとすると

人の心に、何がってなのか、
また気づけたりします。
そして「とても幸せな事に気づけたな」って思うんですね。

そしてそれをどちらも認め、受け入れ、
改善しようと思うときには、
たぶんみんな神様に出会っているのではないでしょうか?

その神様に気づき、
本当に大切な事は何なのか探し求め、
信じて生きていけるなら、

この様な悪雲が立ち込める世界にも希望を持てるのでは。


そしてその本当の希望を見出したとき、
それぞれが見出した”本当に大切な事”を核に
残りの時間を生きて行けるのだと思います。



これは宗教として見られても仕方のないことですが、
とっても僕にとって掛け替えのない事だったので
シェアさせてもらいました。

地震で「死」を覚悟した時も、
被災地に行く時に怖かった時も、
福島に行く時に放射線が怖かった時も、

「本当に大切な事」を教えてくれる、
神様という存在を心から信じれたので、
行くことができました。


出来ることは少なかったですが、
しなきゃいけないことはそんなに多く無いと思います。



みんながそれぞれ、

大切な事に気づき、

それを信じ、

明日一歩進んでくれたら

幸せに近づけたのかも、、と、
そう思います。