読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モンスターボール100個

インターネットと一緒にあそんで、かんがえる場所

石巻と一緒に僕ができる事ってなんだろうか 2 (長文)

前回の続きになるけど、

3月11日以降やってきたことは、

CNNの現地取材に先輩に呼ばれ同行
帰京後、福島から避難してきた人に取材、そして官邸と東電の取材に釘付けの日々
福島県南相馬市に物資を届けに
反原発デモに参加、東電前と高円寺(そういや、この事については書いてないね)
福島県いわき市のMUSUBUプロジェクトのデザイン
石巻への瓦礫撤去などの手伝い
イマココ。

石巻と一緒に僕ができる事ってなんだろうか (長文)

二回目、6月4日

金曜の夜、集合場所に前回と同じく仕事終わらせて向かう。
今回は、僕のフラットメイト
(これってNZでしかいわないんだね、アメリカ?とか他ではROOM MATEか。)
のマサトも一緒に同行することになった。というか誘った。

彼も、福島に物資を届けに行くといったとき、
俺が家を出る直前に、自分の中の葛藤を超え
一緒に南相馬市に物資を運ぶのを手伝ってくれた兄弟なんです。
なので、今回も一緒にいけてうれしい。単純にうれしい。


2回目だったので、
ある程度の状況は予想できたし、前回お手伝いできなかったけど、
手伝ってほしい所があると教えてくれた人たちの部分を手伝えれば
と思っていた。

ただ少し懸念していたのは、
戻ってきて2週間の間に起った余震と潮の影響でした。

今後の石巻の復興、結構そこをどうするかが肝になってくるのかなぁ。。
地盤沈下とかはどう対応していくのだろう。。

そんな事を思いながら6人で向かった訳ですが、
今回はDavyとマサト以外の4人とは初めて。

ヒャックとアキラさんと、Yuhei。
みんな、本当にすごい。

ヒャックはアメリカから休みで帰ってきたばかり。
アキラさんはルカとかが2日後から現地入りしてた時から一緒にいってた。
Yuheiもほぼそこらへんのタイミング。

もちろん、仕事の状況もあるとは思うけど、
それでもまだ安全かどうかわからに所に向かって行けるってのは
本当にすごい。報道陣みたいに、準備がしっかりできたわけじゃないしね。。

なんだかんだいって、朝の4時に到着。

前回漕艇部の子達と手伝った時に仕切ってくれた
お父さんのお店の2階にとまらせてもらいました。

そして8時に起きて、いつも?の待ち合わせのローソン前に集合。
しゅんさんのローソンもオープン前の準備をしていた。
多分次ぎ行く時はオープンしてるんだろうな。。。!楽しみです!

そこでDavyのおにいちゃんのJoeyと合流して。
そこから前回ドブキレイにした時にお話をした
2件隣のおばあちゃんの家のどぶも片付けました。

前回は4人で、今回は6人だったのだけど
あっという間にどぶの作業が終わって、即次の現場に。

次はもっと海辺寄り。
あるご家族の家の裏にある瓦礫の撤去です。

瓦礫をまとめている場所まで運びます。
電柱とか、鉄パイプとか、すげぇ。。。

ひたすら運ぶ。ひたすら。
日差しがすごいですね。。

お父さんも、一緒に手伝ってくれて。

これがだいたい4時半くらいまでかかったのかなぁ。
その後、近所に住んでいたお母さんの荷物を避難先に
運ぶのを手伝った。

お母さん、ちょっと疲れてたみたい。
話かたも、ちょっと慌ててらした。
ゆっくり体と心も休めれるといいけど、、
続く地震と、毎朝来る潮、今後の事を考えると
何を考えて良いかもわからないもんなぁ。。

そんな事を考えつつ、、
次に自衛隊が解放している温泉で
汗ながし落とさせて頂き。
(たぶんこんな経験は2度とないだろうなぁ。。)


築100年ぐらいの倉庫は流されなかったそう。
その横に倒れる納屋など、この近辺にはまだ自衛隊
家の人がおらず中まで詳しく見ていない場所もあるようです。
そういった所にはまだ見つかっていない人もいるだろうということでした。




だいたい、あの一番下の窓ガラスしたぐらいまで
満ち潮の時は水はあがるみたいです。


船につけられた竹の笹、たぶん復興祈願。
そして、群がるカモメ。

また来ます。