読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モンスターボール100個

インターネットと一緒にあそんで、かんがえる場所

Fast and Furious Sky missionでハリウッド映画に希望をもてました

レビュー

f:id:hish_1ne:20150513002204j:plain

ほんっとに泣けた...。

日本ではワイルドスピードというダサいカタカナタイトルで、
今までも、そしてこれからも続くシリーズだったのにも関わらず
1st, 2nd そしてTokyo driftは見たけどそれ以降あまりハマれず
(車でブンブン、プリチーなちゃんねーのブイブイいわすノリに疲れたってのもある)
最近は見ていなかったんだけど、今回の出来事があって、青春時代に親しみのあった作品の一つの節目として「これは見なければ。」と思いました。

で、見に行く前に前作を家で観たんだけど、ストーリーが面白くなっていた!TOKYO DRIFT(シリーズの中ではイマイチの反応)での登場人物や出来事もうまくメインストーリーに取り込みつつ、このSKY MISSIONに向けて盛り上がりに盛り上がりを重ねてきていた!製作陣うまい!がんばってる!だからこの一瞬ダラダラ続いていただけなのかなー?という映画が未だに指示されてたんだねー。となんだか納得。

あー、もう前置き色々書くの面倒い。いいや。SKY MISSION!!!
こんな終わり方すると思わなかったよ!!!!泣
ルームメイト全員と見に行って、ワイン回し飲みしながら観てたけど、酒なしで観れないよこれ!泣
男泣きだよ!!!

スタッフ、役者、それぞれがポールに対する愛に溢れていて、
彼に対する尊敬、追悼の意を表して、最後ストーリーをああいう形にするなんて、ハリウッドって金儲けだけじゃないんだな!!!素晴らしい作品、スタッフ、役者との出会いもあり、そういうマジックが起こると愛がこういう形で溢れでてくるんだな!!って思った。
日本の映画界ではありえないような(このケースではメインキャストではなくスタッフの一人だったからというのももちろんでかいだろうが)人情を感じました。てか、こんな最高の表現をした映画今まであった??????????!しらないわまじで。

共演者でありラッパーのLudacrisもラジオ番組でのインタビューでどれだけみんな仲が良く、家族ぐるみで付き合っていた本当の友達だったかということを語っていたのみてたんですよ。。で、むしろこれ見て、映画館に行こうって思ったんですけど。
https://www.youtube.com/watch?v=qneFjVJgjLwwww.youtube.com

ほんと、、、そういった事を前に聞いても後で知っても、彼らのポールに対する愛がすばらしく表現されすぎていて涙がこみ上げてくる...。

で、こういう体験って数年後にみてもピンとこなかったりするんですよね。
映画って出てきたタイミングに向けられて作られてるんだなぁって最近思います。
だからなるべく気になったものは映画館で観るようにしています。
今、この時代で、こんな時だからこそ、こういう作品を届けたいという作品に関わった人たちの気持ちを真正面から受け取るには映画館に行くしかないと思います。


素晴らしい作品ありがとう

R.I.P Paul walker.

www.youtube.com
(wizがfamilyそして別れのテーマを今ラップするっていうのもまたタイムリーなんですよね...)